わきがに悩んでいる人はデオラボのみょうばんクリーム

15066014152_aa406ff019_z

デオラボのみょうばんクリームは、わきがに悩んでいる人にぴったりの商品です。

リピート率は、なんと89.7%となっています。

使い方も簡単ですし、塗っただけでわきががブロック出来るのでこの高いリピート率となっています。

使い方は、まず臭いが気になる箇所の汗をふき取ります。

もしくは、シャワーなどで清潔にしてください。

そして、清潔で臭いが無くなったところにクリームを塗ります。

これで、臭いのない状態を長時間キープすることが出来るのです。

また、肌に優しいクリームとなっているので、安心して使い続けることが可能なのです。

サクラ葉エキスが入っているので肌の荒れや乾燥を防いでくれます。

クリームも塗りやすい仕様となっているのが嬉しいですね。

デオラボのみょうばんクリームが選ばれる理由は、主に3つあります。

1つ目は、ニオイ原因菌を99.999%殺菌するということです。

臭いの原因菌を根こそぎシャットアウトしてくれます。

2つ目は、効能効果がわきが臭であることです。

ミョウバンや茶エキスが入っています。

3つ目は、初めての人でも安心の返金保証キャンペーンがあることです。

これならとりあえず試してみようと思えますし、合わなくても返金されるので安心です。

本気でワキガを治すなら必須のアイテムかもしれません。

 

つれづれハロウィン。

ハッピー、ハロウィーン!
ここ数年で、とっても流行しているハロウィン。

かぼちゃ味のお菓子販売などは前からありましたが、去年は渋谷などの街を仮装をした人が練り歩いたり、その様子が何度もメディアに乗ったり。

今年も早くからAKB48が「ハロウィン・ナイト」をリリースし、吉祥寺のお店ではすでに悪魔の角をつけて接客する店員さんの姿が!

親子で一緒に楽しめるイベントでもありますし、去年以上の盛り上がりが期待できそうですね。

とはいえ、仮装でチェーンソーを持った男性が厳重注意を受けた…なんて事件も最近ありましたし、皆で練り歩く道路は公共のもの。

仮装やテンションは楽しく、心はスマートに、思いやりを忘れずにいきたいですね。

する、しないは別として、やってみたいな~なんて思う仮装はありますか?
魔女にフランケン、狼男、ドラキュラに包帯姿…。

私はというと、個人的にはメイドさんのお洋服が着たいな~なんて思うのですが、ハロウィンの仮装コーナーを見て回ってみるとカワイイメイド服が、な…な、い!?

……よく考えたら別にハロウィンコスチュームではありませんでしたね、ご主人様。

これはメイド魔女、なんて新しいジャンルを開拓しちゃうしかなさそうです☆

雨の日の過酷な室内練習

部活をしていて雨が降ると、きつい外での練習が室内に移る為、部員たちはホっとした表情を見せていたように中学、高校と野球部に在籍していた私も室内での練習の時には少し安心しながら練習をしていました。しかし、高校の野球部は室内に移動しても練習が楽になる訳ではありませんでした。私はむしろ室内の練習の方が嫌いでした。

室内での練習は身体を鍛える事が主な目的で、腹筋・背筋・足上げをそれぞれ50回4セット、腕立て伏せ30回4セットを筋力トレーニングとして雨が降ってグラウンドが使えない日は毎回行いました。特に梅雨の時期は大変でした。始めの内は辛さに耐えきれずにギブアップしてしまう日々でしたが、徐々に身体が慣れていき1ヶ月も我慢していると腹筋を何百回しても身体が悲鳴を上げなくなりました。それだけではなく、私のお腹の腹筋も6つに割れたのです。知らない間に、体型が逆三角形に形成されていました。しかし、野球部を卒業して20年、運動をしなくなった今の私の体型は、見るも恥ずかしい体型となってしまいました。

若き日の筋肉ムキムキだった体型を取り戻せるよう、私は少しずつですが筋力トレーニングなどのリハビリに取り組んでいます。人に見られても恥ずかしくない体型にすることが私のこれからの目標です。

トランスポーター3

今日はネットで動画を見ました。いつも利用しているのはhuluです。980円で見放題なんでお得感が強いんですよね。

見た映画はトランスポーター3です。先日、2の方を見て面白かったのでその流れで今日3を見ました。

主演の男優さん、なんていう名前かは知りませんが、ちょっと頭が薄いんですよね。ショーンコネリーのような感じです。日本人なら落ち目の3枚目というところなんでしょうがなぜか外国人は剥げてもカッコいい人が多いですね。だからか、この男優さんもハリウッド俳優の中でかなり上位の人気を誇っているそうです。

はげてはいるんですがそれが個性になっているし、似合ってる。なので世界的なハリウッド映画の主人公を張れるんだろうなと思いました。

肝心の映画の内容ですが、これにはちょっとがっかりでした。というのは、このトランスポーターっていう映画、ちょっと訳ありの品を元特殊部隊リーダーの主人公が秘密裏に、そして素早く運ぶというものなんですが、いろいろと主人公自身が自分や客に課しているルールがあります。このルールは鉄則のようなもので、1でも2でも必ず守るようにストーリーが展開していくんですが今回はちっとも守られることなく、例外続き、ルール違反続きでした。

それじゃルールって言ってる意味ねぇじゃんって思っちゃうんですよね。またルール破ったなんて思いながらみていると、後半は結構白けた感じで見てしまいました。

それに随分なコワモテとして描かれている主人公が実はツンデレだったみたいな展開にもなって、おいおいって感じです。
もう4が出ても見ないぞ!