初めてできたお尻ニキビに不安。

今現在お尻ニキビができてしまい悩んでいます。初めてできたのでどうすれば良いのかわからず放置しっぱなしです。

以前顔のニキビや背中ニキビができたことはありましたが、お尻にニキビができるとは思いもよりませんでした。座ったりして痛くなることは無いのですが、鏡で確認してみると赤くなっており、なおかつふくらみもあるのでたいへん気になります。

特に誰かに見られる訳でも無いのでその辺は良いのですが、これ以上悪化しないか不安になることもあります。化膿して大変なことになったり、今は無い痛みが発生したりしないか心配です。私の友人の中にも尻ニキビができて締まった子がいないのでどうすれば良いのか身近に相談できる相手もいません。

とりあえず悪化しない様にクリームや軟膏を塗ったり、顔のニキビケア商品を塗ったこともありました。ただそれもあまり効果が見られず結果として今現在は放置しています。

それでもネットでお尻ニキビについて検索したりしています。
特に参考になったのはお尻ニキビケアのランキングのあるサイトです。

参考:お尻ニキビケアランキング(http://www.aisa-giss.org/oshirinikibi/)

このまま放っておいて治ればいいのですが、万が一治らないことがあったらしっかり医者に行って診てもらおうかと思っています。
素人があれこれやるより、医者で治療するのが一番の方法ではないでしょうか。とりあえず今は様子見で、しばらく経ったらまた医者に診てもらうか判断しようと思います。

簡単!豚バラ肉のチゲ鍋

“今日はいつもの倍くらい仕事内容があったのですが、
他の人に手伝ってもらって、なんとか達成しました。
周りに手伝ってもらえる環境があるのはありがたいですね。

晩御飯には、豚バラ肉のチゲ鍋を作って食べました。

そうそう、日本ではキムチ味の鍋のことをチゲ鍋と
呼びますが、そもそも韓国語のチゲに「鍋」という
意味があるらしく、チゲ鍋は「鍋鍋」という意味に
なってしまうそうです(笑)

それでも日本では定着しているので、この日記では
チゲ鍋と呼びたいと思います。

作り方は簡単です。

1.白菜、ニラ、きのこなどを切ります。
2.味噌と桃屋「キムチの素」で味付けしたスープで煮込みます。
3.ある程度しんなりしたら、豚バラ肉(薄切り)を入れます。
4.バラ肉に半分くらい火が通ったら、生卵を落としてふたをします。

このまま1分くらい弱火で煮込めば完成です。

ガッツリ食べたいときには野菜と一緒にうどんを煮込んでも
良いですね。この季節は、鍋が本当に美味しいです。

来週は、昔の仕事仲間と飲んできます。鍋料理かどうか
わかりませんが、とても楽しみです。

今の仕事場ではやっと自分の立ち位置が作れてきた
感じでしょうか。給与明細を見たときには、あまりの
安さに愕然としましたが(笑)、前向きに頑張って
いこうと思います。”

テレビ嫌いな理由

私自身テレビといっても、ドラマ・アニメ・映画など沢山のジャンルがあります。
でも私はテレビというものがあまり好きではないんです。

その理由の一つは・・・
ほとんどのドラマ・アニメ・映画などが元々小説かコミックから来ているものだからです。
例えば・・・
現在やっているドラマで言えば。
「きょう会社休みます」というドラマがありますよね。
このドラマは元々藤村真理さんとう漫画家が書いたものなんです。
原作者から脚本家そして監督へ

アニメもそうですよね。
長寿アニメのサザエさんというアニメがありますよね。
このアニメは原作が長谷川町子さんとういう漫画家書いたものです。
それが脚本家・ディレクターなどに全部回さて作られたアニメです。

私自身がテレビが嫌いな理由わかりましたよね。
そうなんですよ、漫画家・小説家・脚本家その人自身が作ったオリジナルのドラマではないから嫌いなんです。

今まで見てきたテレビで好きだと言えるのは。
「宮崎駿さんの映画」
「三谷幸喜さんのドラマ」
「野島伸司さんのドラマ」
「山田太一さんのドラマ」
この中でも特に宮崎さんのシリーズが好きです。

しかし、現在このように自分で原案・脚本・監督自分で書いてるような人が少なく番組が面白くないんですよ。

なので、今はテレビより本の方が好きなんです。
テレビの元になっている作品は、小説や漫画などの本ですからね。
本当の事を知りたいので本が好きなんですよ私は。

相変わらずの毎日が幸せなことなんだ

12月に入り、めっきり寒くなってまいりました。

家では電気代がかかるので、出来るだけエアコンは使わないようにしています。夏の暑さには耐えられませんが、寒さは何とかなるものです。

今は夜9時に就寝して朝5時に起きるという生活をしています。

早寝早起きです。仕事には朝7時に家を出るので、起きてからゆっくり時間を過ごせます。仕事ではパソコンを使います。

仕事が終ってからは神戸の三ノ宮のセンター街をよく通ります。家電を見たり、洋服屋に行ったり、楽器店をのぞいたりと色々楽しめます。

そして家に帰ってからはギターを弾いています。エレキギターではなくアコースティックギターです。

今住んでいるマンションは意外に壁が厚いのか、両隣の音が全くといっていいほど聞こえてきません。なので、最初はギターを弾いてだいじょうぶかなぁと心配だったのですが、いまのところ「うるさい」といった苦情はありません。パソコンも好きで、家でも使っています。

考えてみたら、起きている時は食事をしている時間を除いて、ギターを弾いているかパソコンを操作しているかのどちらかです。かわりばえのない平凡な毎日ですが、それが一番幸せなことなんだということをしみじみと感じています。さぁっ、今日も頑張ろう!

入学準備のランドセル

“娘が来年の4月より小学校に入学します。
早い家庭は夏頃からランドセルの用意をしているそうですが、我が家は私の仕事の関係(転勤するかも??)のせいでなかなか準備ができずにいました。
しかし、田舎の祖父母から「入学祝いに買ってあげるから、そろそろ用意しなさい」と促され、休日に家族でデパートに行きました。
同じ年頃の子どもを持つ友人に聞いたのですが、最近は祖父母がランドセルをプレゼントする家庭が多いそうですね。何も言わずともデパートの店員さんから当然のように、「おじいちゃん・おばあちゃん」と記入された熨斗を勧められました。
肝心のランドセルですが、カラーや刺繍のカワイさにびっくりです。娘も鏡の前でランドセルを背負いながらあれこれとポーズをとっていました。
あまり目立ち過ぎると何かと良くない(誘拐やイジメ)と思い、購入する前は「女の子なので赤色が無難なのかなぁ」などと考えていたのですが、今時のランドセルは、逆に赤色が少ないみたいですね。売上の1位はピンク色でした。そして、今年は水色を選ぶ女の子が多いそうです。どうやら「アナと雪の女王」の影響のようですね。
娘は2色のランドセルを交互に背負いながら熟考した後、ようやく1点にしぼりました。やっぱり女の子は小さいうちからファッションに拘りがあるみたいです。
そんな娘。来週末に届く予定のランドセルが余程楽しみなのか、眠る前に「今頃ランドセル、どのあたりに居るのかな。」と呟いておりました。”